20代の頃から発毛剤リアップを使い始めた結果

20代の頃から発毛剤リアップを使い始めた結果

 30代の男性です。発毛剤のリアップを使用していました。20歳のころから髪について考え始めて、発毛剤を使うに至りました。悩み始めた年齢は若かったのですが、当時の大学生活やバイトなどのストレスのせいからか大量に髪が抜け始めたのと、親戚回りに禿げが多いこと、兄が20歳そこそこにして禿げ始めたことなどが発毛剤を使い始めた理由でした。

 リアップを選んだのは、一つ目はCMでたくさん流れていたためです。二つ目は他にもたくさんの発毛剤・育毛剤はありましたが、「日本で唯一発毛剤として厚生労働省に認可されている」という謳い文句を間に受けてのことでした。

 使用した感想としては、手触りはよくあるトニックとほとんど変わらない液体系。匂いも一般的な整髪料やトニックとあまり変わりありませんでした。実際に頭につけてみるとサッパリとした爽快感がありました。「効いているのかな?」と暗示させるには十分だったと思います。薬局の店頭で購入した値段は5000~6000円ほどでした。

 使用期間は朝と風呂上りに毎日二回ずつ使って、内容量が無くなるくらいまででだいたい半年ほどでした。使用した影響はほとんど見られませんでした。髪が増えた、毛の一本一本が太くなったなどの効果はありませんでした。効果のなかった原因として、体質の問題、リアップは「壮年性脱毛症における脱毛」に効くとのことで若年の自分の症状には効かなかった、あるいはストレスが原因の抜け毛だったことなどが挙げられるのかなと思います。リアップを使用したのはそれ一回で、現在は使用していません。

↑ PAGE TOP